工業会概要

沿革

年  度 会員数 主 な で き ご と
S49.9~S50.4 29 事務所を管工事組合に置くことで調印所在地 川崎区宮本町5番地5

総務委員会・事業委員会を置く

川崎建設業協会と現場共益費協定書締結

S55.5~S56.4 85 総務委員会・事業委員会に渉外委員会を新たに設置災害復旧体制当会にて確立
S56.5~S57.4 93 既存3委員会に財務委員会・法人設立委員会を設置
S57.5~S58.4 95 社団法人川崎市空調衛生工業会発足設立
S59.5~S60.4 95 地区懇談会を新たに開催(川崎・幸・中原・高津宮前・多摩・麻生)
S61.5~S62.4 110 団体設備工事総合保険に加入(市発注工事)事務所を管工事組合より現事務所所在地へ移転

(川崎市川崎区宮本町4-3番地)

S62.5~S63.4 111 社団法人日本空調衛生工事業協会に加入神奈川県暴力追放推進協議会に加入
H元.5~H2.4 110 仕様書検討委員会を特別に開設建設省機械設備共通仕様書・空調衛生工事標準工事書配布
H4.5~H5.4 104 安全祈願実施
Hll.5~H12.4 107 川崎市まちづくり局施設整備部機械編機械設備工事施工マニュアルを会員へ配布

建設大臣表彰受賞

H12.5~H13.4 102 事業委員会より技術委員会を新たに分離設置し、5委員会で運営を図る
H13.5~H14.4 100 川崎市より安全意識の普及および労働災害防止の功績で受賞
H14.5~ 100 法人設立20周年
川崎市健康福祉局へ寄付(平成11年・12年・13年・14年・15年)
H14.5~H15.4 99 事務所を椎橋ビル4階より現事務所所在地へ移転(川崎市川崎区本町1-5-15 川崎タウンビル2階)
H15.5~H16.4 97 川崎市と電子入札実証実験実施
H16.5~H17.4 110 公共建築工事特則仕様書 機械設備(新築・改修)工事編官庁届出書類 川崎市まちづくり局施設整備部編を会員へ配布

新潟・中越地震義援金を川崎市(健康福祉局)に寄託

H17.5~H18.4 107 1級管工事施工管理技術検定試験模擬試験実施
H18.5~H19.4 98  神奈川県公共建築物に係る地震時の点検等に関する協定締結(社)日本空調衛生工事業協会を退会
H19.5~H20.4 91  県土整備部防災訓練に参加
H20.5~H21.4 90  ミャンマー・中国四川大地震援助金を日本赤十字社に送金
H21.5~H22.4 90 川崎市まちづくり「機械設備工事マニュアル」を会員へ配布
H22.5~H23.4 86 技術講習会開催
H23.5~H24.4 84 県土整備局地震災害時出動訓練に参加
H24.5~H25.4 79 県土整備局地震災害時出動訓練に参加。
事務所を川崎タウンビル2階より現住所へ移転。
(川崎区宮本町7-5川崎建設会館103号室)
一般社団法人への移行申請書提出。
H25.5~H26.4 79 県知事より一般社団法人川崎市空調衛生工業会の認可書を交付される。
(平成25年5月1日付)

※詳細な沿革はこちら