作成者別アーカイブ: admin

当会顧問の先生方から年頭の挨拶をいただきました 川崎市議会議員 矢沢 孝雄先生

年頭のご挨拶

川崎市議会議員  矢沢孝雄

 令和三年、新年おめでとうございます。本年が一般社団法人川崎市空調衛生工業会の皆様にとって、ご健康の中で素晴らしい一年となりますことを心より祈念申し上げます。
 新型コロナウイルス感染症は、我が国を含め瞬く間に世界中に拡大し、全ての国民がかつて直面したことがない事態と向き合う期間が続いています。
 貴団体におかれましては、コロナ禍における現場での感染症対策に加え、本市との災害協定の見直しや災害対策カードの発行普及等を含め、本市の災害対応力向上に繋がる取組を数多く行って頂いております。また、感染症対策支援として、本市に多数の防護服やフェイスシールドを寄贈して頂きました事、深く感謝を申し上げます。
 コロナ禍による景気の落ち込みやふるさと納税などが本市財政に与える影響は大きく、令和三年度予算においては二百二十億円の市税等減収が見込まれ、社会保障費の増大も合わせ、収支不足は三百億円以上とも試算されています。本市の財政状況はこれまでにない厳しい状況が続きますが、その一方で「感染症対策」「経済対策」に加え、デジタル社会の実現などポストコロナの「新しい社会を見据えた取組」を的確に進めていく必要があります。引き続き貴団体と協働しながら本市発展に繋げていく一年としたいと考えております。
 結びとなりますが、会員皆様のご健康ご多幸、そしてご商売の繁盛を祈念し、新年の挨拶とさせて頂きます。

当会顧問の先生方から年頭の挨拶をいただきました 川崎市議会議員 原典之先生

年頭のご挨拶 

川崎市議会議員  原 典之


                             
新年おめでとうございます。
矢野会長始め、会員の皆様には昨年大変お世話になりました。今年は、昨年の景気低迷を取り戻す一年にしたいと思います。
新型コロナウイルスを取り扱う健康福祉委員会の委員長として、ワクチンの供給体制及び接種体制作りを促進し、安心安全の川崎市になる様、引き続き粉骨砕身しながら取り組んで参ります。
会の益々のご発展と皆様方のご健勝をお祈り申し上げます。

当会顧問の先生方から年頭の挨拶をいただきました 川崎市議会議員 松原しげふみ先生

年頭のご挨拶

 令和三年の新年おめでとうございます。空調衛生工業会の皆様には如何な新年をお迎えでしょうか。
 一昨年より連続する自然災害や感染症などの災いは、あらゆる業界に及び、その影響は、大企業にも破綻が訪れるのではとも言われております。
 本市に於きましても、景気の落ち込み等の影響による税収減による収支不足が見込まれており極めて厳しい状況が想定されておりますが、このような時こそ空調衛生工業会の皆様の叡智をいただき、新たな日常が定着するとともに、社会変容に対応できる取り組みを進めることができますよう願っております。
 今年一年、会員各社、従業員の皆様、ご家族がご健勝にてお過ごしされますよう心よりご祈念申し上げます。

          令和三年 正月
顧問 松原しげふみ

当会顧問の先生方から年頭の挨拶をいただきました 川崎市議会議員 嶋崎嘉夫先生 

令和3年 川崎市空調衛生工業会 新年祝辞

                        川崎市議会議員 嶋崎嘉夫

令和3年の輝く新春を迎え、皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。旧年中は、矢野清久会長をはじめ貴工業会会員の皆様に大変お世話になりましたこと衷心より御礼申し上げます。
 さて新型コロナ感染症に伴い、市内では陽性患者累計総数が約3,900人を超す状況(12/24現在)となっています。既に市内医療機関においては切迫した状況になりつつあり、今後高齢者施設やグループホーム、学校等で集団感染が発生することが懸念されます。このような状況において、昨年皆様から市立川崎病院に対して医療器具のご提供をいただきましたことは医療従事者のみならず行政からも高く感謝をいただいております。改めて皆様のご厚情に深く感謝いたします。
 本年は税収が対前年度220億円の減収が見込まれるなど、極めて厳しい行政執行が予想されますが、市民生活に欠かせない生活基盤を支えていくとともに大規模災害への備えなど、今まで以上に皆様のご協力をお願いする機会がさらに拡大するものと考えます。
本年も旧に倍しまして、ご指導ならびにご鞭撻を賜りますことをお願い申し上げます。
終わりに、1日も早く新型コロナ感染症が収束することを願うとともに、皆様のさらなるご活躍をご祈念申し上げ、年頭のご挨拶とさせていただきます。

川崎市 福田市長から年頭のご挨拶をいただきました

年頭のあいさつ

川崎市長  福田紀彦

新年、あけましておめでとうございます。
今年一年、皆様が健康かつ平穏に良い年をお過ごしになりますようお祈りいたします。
昨年、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、私たちの暮らしは一変しました。本市におきましても、市民や事業者、医療関係者の方々をはじめ、地域の皆様に御協力いただきながら、感染症の流行に全力で対応するとともに、厳しい生活を強いられる市民や事業者の皆様への支援などを実施してきました。今後も引き続き、皆様が安全・安心な生活を送れるよう、万全を期していきます。
また、新しい生活様式をふまえ、行政手続のオンライン化に積極的に取り組むとともに、市立小中学校等の児童生徒に一人一台の端末を整備するなど、「かわさきGIGAスクール構想」の実現に向けた取組を進めます。
本市の最重要施策である、地域包括ケアシステムの構築につきましては、年齢や疾病、障害等で対象を限定しない、全世代・全対象型の地域リハビリテーション体制の構築に力を入れて取り組んでいきます。間もなく供用を開始する「川崎市複合福祉センター ふくふく」を中心に、医療や介護が必要となっても、地域で暮らし続けることができる体制づくりを進めます。
また、新しい生活様式に留意しながら、誰もが気軽に集え、多様なつながりを育む地域の居場所である「まちのひろば」の創出など、「市民創発」によるまちづくりに向けて取り組み、「安心のふるさとづくり」を皆様と共に進めていきたいと思います。
こうした取組を支える「力強い産業都市づくり」として、一層加速する社会経済状況や産業構造の変化に適切に対応するため、川崎臨海部における投資促進制度の創設などにより、産業の活性化や新産業の創出を図っていきます。あわせて、鷺沼駅周辺再編整備に伴う宮前区役所・市民館・図書館の移転や、横浜市営地下鉄3号線の新百合ヶ丘駅への延伸に向けた取組など、魅力ある都市づくりを進めます。
これらの取組とあわせて、将来世代が安心して暮らせる環境を未来に引き継いでいくため、二〇五〇年のCO2排出量実質ゼロをめざす「かわさきカーボンゼロチャレンジ2050」のもと、市民・事業者・団体等の皆様と力を合わせ、脱炭素社会の実現に向けた取組を進めていきます。「SDGs未来都市」として「成長」と「成熟」の調和する「最幸のまち かわさき」をめざして取り組んでまいりますので、引き続き、御協力をお願いいたします。

矢野会長 年頭のご挨拶

令和3年 年頭のご挨拶                       

明けましておめでとうございます。
会員の皆様には、お健やかに新春を迎えられたこととお慶び申し上げます。
旧年中は、当会の活動にご理解、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、昨年を振り返りますと新型コロナウィルス感染症への対応に明け暮れた一年ということに尽きるのではないでしょうか。子どもたちの学校が休校となり営業自粛要請、緊急事態宣言と経験したことのない事態が続きました。経済活動が再開されてからも、現場での感染拡大防止対策、夏にはあわせて熱中症対策と大変な思いをいたしました。当会におきましても、6月には定時総会を縮小して開催の上懇親会を中止、賀詞交歓会につきましても本年は中止とさせていただきました。また、理事会、委員会は3密を避けるためにWEB会議システムを利用してリモートで行うなどの対応をいたしました。
海外ではワクチンの接種が始まり収束への道筋が見えたかと思いましたが、昨年末の感染者数の急激な増加には緊張が走りました。日々変化する状況の中で、会として何ができるのか、どのような形で実施するのか模索が続きますが、会員の皆様のご協力を賜りながら運営に当たってまいりたいと考えております。
 最後に会員の皆様にとって本年が良い年になりますように心からご祈念申し上げて新年のご挨拶といたします。

                    

川崎市空調衛生工業会 矢野清久

令和3年賀詞交歓会中止のお知らせ

例年1月に開催しております新年賀詞交歓会ですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、参加者及び関係者の皆様の健康と安全を考慮した結果、誠に残念ではございますが、中止させていただくことになりました。何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

第38回定時総会を無事終了

詳しくは「工業会Web刊」を御覧ください。

コロナ対策支援で川崎市から感謝状

詳しくは「工業会Web刊」を御覧ください。

川崎市に義援金を送りました。

建通新聞1月22日掲載

川崎市に義援金


川崎市空調衛生工業会(矢野清久会長)は17日、台風19号で被害を受けた
被災者への義援金を川崎市に寄付した。
矢野会長は、「有事の際は常に対応できるように備えている。被災地が少しでも早く復興できるよう義援金を有意義に使ってほしい」と話した。
さらに「現在の川崎市との災害協定は災害用トイレの設備や受水槽の点検など。今後、さらに実効性のある協定とするため、川崎市と協議を重ねていきたい」と訴えた。

1月22日(水)建通新聞掲載